個人情報等の管理
採用情報

平成31年度 二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)

平成31年度 脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業 《地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業 公募》

令和元年05月24日 「交付規程」を更新しました。
令和元年05月29日 「公募要領」を更新しました。
令和元年05月30日 「公募申請様式」、「説明資料」及び「応募申請書類の記入方法」を更新しました。
令和元年06月05日 「よくある質問」を更新しました。

≪ 応募される方へ ≫
5月29日付で更新した「公募要領」 及び 6月5日付で更新した「よくある質問」につきましては、内容が大幅に変更されて
いる箇所がありますので、応募される方は、必ず更新後の資料を再読いただくようお願いいたします。
特に公募要領における『補助金の目的と性格』、『公募する事業の対象』、『補助対象事業の選定』、『応募に当たって
の留意事項』及び 実施計画書【様式2】に表記した「記入上の注意」については、十分にご確認をお願いいたします。
なお、これに伴い公募期間を1週間延長し、6月21日(金)を締切りといたします。

令和元年5月17日
一般社団法人低炭素社会創出促進協会

 一般社団法人低炭素社会創出促進協会では、平成31年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(脱炭素イノベーションによる地域循環共生圏構築事業)に係る環境省からの交付決定を受け、地域の多様な課題に応える脱炭素型地域づくりモデル形成事業の補助事業者を公募します。

※追加情報がある場合はこのホームページ上に掲載しますので、応募申請を検討されている方はこのホームページを定期
 的にご確認ください。
 

1.公募期間

 令和元年5月20日(月)~令和元年6月21日(金)17時(必着) ※延長しました(5月29日)

3.公募の詳細

 公募事業の詳細、応募申請書類の提出方法等につきましては、交付規程、公募要領等をご確認ください。
 ・交付規程(PDF) ※更新しました(5月24日)
 ・公募要領(PDF) ※更新しました(5月29日)
 ・実施要領(PDF)

3.応募申請様式

 応募申請にあたっては、次の「応募申請様式」をダウンロードしてご使用ください。
 必ず本ページ下方の『説明会資料』の中にある「(3) 応募申請書類の記入方法」を参照しながら、応募申請書類を作成し
てください

 ・【様式1】応募申請書、【様式2】実施計画書、【様式3】経費内訳書(Word) ※更新しました(5月30日)
 ・ 平成31年度歳入歳出予算書(見込書)抜粋(Word)

4.公募に関するお問い合わせ

 よくいただくお問い合わせ内容をまとめました。
 お問い合わせいただく前に、こちらをご覧ください。

 ↓FAQはこちら↓
 ・よくある質問(PDF) ※更新しました(6月5日)

 公募全般に対するお問い合わせにつきましては、以下の問い合わせ先までお願いします。
 お問い合わせは、電子メールを利用いただき、以下の記入例のとおりメール件名に地方公共団体名及び事業名を必ず記
入願います。

  《記入例》 【地方公共団体名】脱炭素地域モデル事業①(または②、③) 問い合わせ
       ① 地域資源を活用した環境社会調和型の再エネ事業・FIT買取期間終了後の再エネ活用事業の実現可能性
         調査を行う事業
       ② 地域の循環資源を活用した地域の脱炭素化を推進する事業の実現可能性調査を行う事業
       ③ 住民参加型協議会の運営及び情報発信を行う事業

 <問い合わせメールアドレス>
  chiikizukuri31@lcspa.jp

 <問い合わせ期間>
  令和元年5月20日(月)~令和元年6月17日(月)17時 ※延長しました(5月29日)
  ※ 回答に時間を要することがありますので、早めのお問い合せをお願いします。

 <本事業の担当>
  一般社団法人低炭素社会創出促進協会 国内事業部
  吉岡・笠井

5.公募説明会

 公募にあたり、公募説明会を開催します。開催日時、場所、参加申し込み方法等につきましては、以下のリンクからご確認ください。

 公募説明会の申し込み:h31tanso-no2-briefing

 なお、説明会会場では資料を配付いたしませんので、必ず次の「説明会資料」を印刷のうえ、ご持参くださるようお願いいたします。

 説明会資料:
 (1)【環境省】地域循環共生圏説明資料(PDF)
 (2) 説明資料(PDF) ※更新しました(5月30日)
 (3) 応募申請書類の記入方法(PDF) ※更新しました(5月30日)

以上